HOME Why Music,Why Yamaha?とは
  • 生徒・保護者の声
  • OB・OGの声
  • アーティストの声
  • 特集
  • HOME
  • Why Music,Why Yamaha?とは
youjika_main

幼児科(4~5歳児)にお通いの保護者のみなさまにうかがいました。

4歳5歳幼児科
この記事は約2分で読めます

お子さまの成長を実感することは?

特に両手で弾けるようになってからは、家でも積極的に練習をするようになりました。
歌いながら弾くことによって、音が耳で分かるというか、間違えたときにすぐ気づけるようになってきたなと思います。

幼児科では「表現力」がとても重視されてるなって、レッスンを見てて思います。
ゾウは大きく歌うとか、お父さんは大きいとか・・・、そういう表現力がとても身について、成長がみられます。

まず歌を歌って、次にドレミで歌って、実際に弾く。
その流れ作業のうちに、どんどん耳が育っているのかなと思います。
それが「音感」っていうんですかね?そういうのを自然と養わせてくれる
のが、この時期にはちょうどいいのかなって思います。
それがやっぱり通わせてよかったなって思うところです。

保護者同伴のレッスンについて

隣にいて、「先週できなかったけど今日はできたな」とか、「今日はちょっと集中できてないな」とか、レッスンでやってることや子どもの様子がわかりますね。
先生がどうやって子どもをのせてくれているのかっていうのも、すごくわかりますので、このくらいの年齢のころは、やっぱり一緒に入ってよかったなと思います。

講師の指導について

周りのママ友で、違うピアノ教室とかに通われている子に、「1時間のレッスンだよ」と言うと、「1時間もやってるの?」っていう話しになりますね。
ただピアノを弾くだけではなくて、歌を歌ったり、先生がホワイトボードを使って説明してくれたり。
あと、先生も幼稚園であった話しとかもいろいろ取り入れてくれながら、でも「はい戻すよー」ってうまくまとめたり・・・、いつも「上手だなあ」と思ってみています。

動画で見る

次にこの記事はいかがですか?