戻るボタン

「音感」は幼児期の今こそ、大きく伸びるチカラです。

最近注目を集めている「音感」という言葉。「小さいうちしか身につかない?」「何か特別なチカラ?」気になるその中身を、ちゃんと知ってみませんか。

ヤマハが考える「音感」とは?
音感というと、聴いた音がドレミでわかる“絶対音感”を思い浮かべる方が多いかもしれません。しかしヤマハ音楽教室では、「音感」とは、ドレミ、拍子、リズム、音の強弱、調、ハーモニーなど音楽を構成する様々な要素を、きちんと理解して味わう力のことだと考えています。「音感」は、幼児期に最も発達します。レッスンでは、のびのびと楽しみながら音楽の基礎力(=音感)が身につき、それは後に、豊かな楽器演奏力や表現力に繋がっていきます。自分の見た景色や感じた気持ちがメロディになり、ハーモニーが指先からあふれ出す。ヤマハ音楽教室で「音感」を身につけた子どもたちにとって、それは決して特別なことではありません。
その時期に伸びるチカラを大切に育む。
4・5歳は「聴く」力が最も発達する時期、そして、楽器演奏のために必要な手や指の力が発達するのは、少し遅れて6・7歳頃の児童期からだと、一般的には言われています。ヤマハ音楽教室では、こころとからだの成長に合わせたレッスンで、その時期に最も伸びる力を大切に育みます。聴いて、歌って、弾いて、をくり返すレッスンの中で、まるで言葉のようにドレミを覚えていきます。学齢の同じお友だちと一緒のグループレッスンで、無理なく楽しく「音感」が育まれるのです。
小川容子先生の写真

「音感」は、音楽を感じ取る大事な力です。

岡山大学 大学院教育学研究科 教授 小川 容子(おがわ ようこ)

音楽を深く楽しんだり、想像したり、意味を追求したりするために必要な力だといえるでしょう。音の名前がわかることはもちろん、音の高さ、強さ、速さ、重なり、バランス、音色、機能、仕組み等が分かると、音楽の世界はどんどん広がります。

「音感」が身につく Yamahaメソッドだからできること

他のムービーを見る
ただいま入会受付中
お近くの教室検索