音楽教室の耳寄り情報をお届け!教室だより
  1. ホーム
  2. 教室だより
  3. エレクトーンガイド
  4. 音色・リズム

エレクトーンガイド

音色・リズム

エレクトーンの音色

エレクトーンではバイオリンやトロンボーン、クラリネットやギター、弦楽合奏のストリングスや金管合奏のブラス、ティンパニやマリンバといった打楽器、また生の楽器にはない電子的な音など、いろいろな音が出せます。
ステージアのスタンダードモデルには基本の音色が415ありますが、その中には例えば同じフルートでも『フルート1』『フルート2』『フルート3』『フルート4』などがあり、やわらかい印象だったりきらびやかな印象だったりと、いくつかのバリエーションのある音色もあります。

音色を選んでみよう

上鍵盤、下鍵盤、ペダル鍵盤それぞれ音色を選びます。
例えば上鍵盤では、「UPPER KEYBOARD VOICE 1」「UPPER KEYBOARD VOICE 2」「LEAD VOICE 1」「LEAD VOICE 2」の4つの音群から音色を選ぶことができます。
つまり上鍵盤では最大4つの音色を一度に出すことができます。
同様に下鍵盤とペダル鍵盤ではそれぞれ基本的に2つの音群から音色を選ぶことができるので、すべての鍵盤合わせて最大8つの音色を組み合わせることができます。

上鍵盤にフルート4の音色を選んでみましょう
  1. 「UPPER KEYBOARD VOICE 1」の中の「WOODWIND(ウッドウィンド)」のボタンを押します。
  2. ディスプレイ画面にいろいろな楽器の音色名が表示されます。
  3. その中からディスプレイ上で「フルート4」という音色名を押します。(音色はタッチディスプレイの画面を押して選びます。)
  4. 「UPPER KEYBOARD VOICE 1」の音群の右側のVOLUME(ボリューム)ボタンの一番上(MAX)を押します。その他の使わない音群のボリュームは一番下(MIN)にします。(MINにすると音は鳴りません。)

さらに、選んだ音色の発音状態を設定することができます(ボイスコンディション)。
設定できるのは、パン、タッチトーン、ピッチ、フィート、ビブラート、エフェクトなどです。

フィートの変更
エフェクト(ワウ)

リズム

エレクトーンでは、様々な音色に加えてリズムも選ぶことができます。
8分の6拍子のマーチや、4分の3拍子のワルツ、サンバやレゲエ、ブリティッシュロックのリズムなど、ステージアには274パターンものリズムパターンが内蔵されています。

また、鍵盤に打楽器の音を割り当ててドラム・セットのように演奏することもできます。(キーボードパーカッション)
どの鍵盤にどの打楽器を割り当てるかは自由に設定することができます。