音楽教室の耳寄り情報をお届け!教室だより
  1. ホーム
  2. 教室だより
  3. エレクトーンガイド
  4. タッチ

エレクトーンガイド

タッチ

エレクトーンの鍵盤のタッチには、「イニシャルタッチ」と「アフタータッチ」があります。
この2つのタッチを上手くコントロールするのがエレクトーン演奏の醍醐味です。

イニシャルタッチ

ピアノのように鍵盤を叩く強さで音量や音質をコントロールします。

アフタータッチ

鍵盤を押し込んで持続音をコントロールするのがアフタータッチです。
エレクトーンの独自の重要なタッチで、基本的に強く押し込めば音色が明るくなり音量も大きくなります。
トランペットを強く吹いたり、バイオリンの弦を強く擦ったりすると音色が明るくなり音量も大きくなりますが、そのようなアコースティック楽器のイメージを鍵盤に置き換えています。

ホリゾンタルタッチ

さらに機種によっては、鍵盤の横方向の動きでも音が変わります。これをホリゾンタルタッチといって、鍵盤に載せた指を左右に揺らすとピッチが変化します。