1. ホーム
  2. ヤマハの音育
ヤマハの音育
ヤマハ音楽教室が目指すこと。
それは・・・子どもたちが自ら音楽を楽しめるようになること。
お子さまに音楽を習わせることの意味ってなんでしょう?
「楽器をじょうずに弾けるようになってほしいから」「将来、音楽の道に進んでほしいから」たしかにそれも大切な理由です。
けれどヤマハが目指しているのは、もっと大きなこと。それは「子どもたちが自ら音楽を楽しめるようになること」です。
きく、うたう、ひく… 音楽への接し方はさまざまですが、ヤマハで学ぶ子どもたちは、どんなかたちででも、心から音楽を楽しめるようになります。生活のなかに音楽があふれる現代だからこそ、音楽を楽しみ、音楽で表現し、音楽でつながる力は、大きな財産となるはず。
そんな力を子どもたちに与えたい・・・それが、ヤマハの願いです。
コンセプトムービー
耳が育つと、こころが育つ。
「ヤマハの音育」コンセプトムービーです。
TVCM
「みんなでドレミファ」篇
60年以上の歴史を持つ
ヤマハ音楽教室
卒業生は500万人以上。
ヤマハ音楽教室は長年に渡る音楽教育の実践により培ったレッスンカリキュラムにより、お子様の年齢・成長に応じ段階に適した教育を行っています。
独自の試験・教育を受けた講師によるレッスンで、60年以上の歴史で500万人の卒業生を生み出しました。
現在では世界の40以上の国と地域で教室を展開しています。
全国3900会場。
転勤しても全国共通のレッスン体系で安心。
日本全国で同じテキスト・同じカリキュラムでのレッスンを行っています。
万が一お引越しされる場合でもお引越し先の教室で同じコースを展開していれば引き続きレッスンをお続けいただく事ができます。
幅広い能力が求められる
ヤマハ音楽教室の講師
みんなに楽しく、本物の音楽を
ヤマハ音楽教室の講師には、さまざまなジャンルの音楽に精通し、歌唱、鍵盤レパートリー、アンサンブル、ハーモニーや創作など、多くの音楽要素を扱う高い音楽力が必要です。
講師のキャリアは講師資格試験に合格することからスタート。
合格後は50日をこえる研修を受講し、レッスンシミュレーションや教材研究、レッスン実習等を行って各コースにおける指導方法を習得、複数の子どもたちの個性や意欲を尊重した幅広い指導力を身につけます。
また、長期的なキャリアアップのための制度も用意され、指導力向上のための研修、講習等を受けながら常に自己研鑽を続け、レッスンの品質管理に努めています。
講師インタビュー
子どもたちに「音楽」の楽しさを伝えるために。
安立 真理子
講師
ヤマハの子どもたちは想像力を働かせることを積み重ね、いろいろな音楽体験の中で、ただ「弾ける」だけでなく、気持ちを表現する手段として「音楽」という方法を得られていると感じます。
小さな頃から一緒にがんばってきたグループのみんなが立派に成長して、息の合ったアンサンブルを楽しんでいる姿、感動です。
私もチームの一員として本当に嬉しい気持ちになります。
子どもたちがイキイキと笑顔になる時は、私自身も純粋に音楽を子どもたちと楽しんでいる瞬間だと感じます。
教えると共に自分も楽しめるだけの余裕を持つためには、より念入りな準備や高いスキルが必要と痛感し、がんばっています。
きめ細やかに設計された
オリジナル教材
創造する力を養うために
教材は、すべて子どもたちの成長に合わせ、独自に研究開発。
幼児期のテキストは音楽という目には見えないものを無理なくとらえることができるようにイラストなどをふんだんに取り入れています。
さらにDVD映像とも連動し、児童期のものは同年代の子どもが出演することで知的好奇心を刺激する内容となっています。
CD教材は世界一流のオーケストラによる演奏、イラストレーションは著名作家が手がけるなど、徹底的に質にこだわった教材で子どもたちの想像力をかきたて、創造する力を育てます。
3歳児
おんがくなかよしコース
おんがくあーとぶっく(テキスト)は、立体感や色使い、季節感を重視した芸術性の高いイラストページと親子で楽しく創作していくアートページからなる創意あふれるテキストです。
親子で作る手作り絵本は、レッスンの思い出や、お子さまの成長の記録がアルバムのように残ります。
4・5歳児
幼児科
4・5歳児が興味を持ちながら、豊かな音楽性が身につけられるよう、楽しいイラストやオリジナル曲で構成しています。
レッスンと家庭学習を結ぶホームワークやCD、DVD、五線と鍵盤の位置をわかりやすく学べる教具をご用意しています。
\ジュニアオリジナルコンサート/
心に感じたままに、自ら作曲、発表します。
ジュニアオリジナルコンサート、略してJOC(Junior Original Concert)は、日本国内をはじめ世界各国のヤマハ音楽教室で学ぶ15歳以下の子どもたちが 、自分の心に感じたことを曲にし、自ら演奏して発表するコンサートです。
\ヤマハグレード/
ヤマハ音楽能力検定制度
ヤマハ音楽能力検定制度(ヤマハグレード)は、音楽を指導する人や学ぶ人が、自分の力を確かめながら、総合的な音楽力を身につけ、楽しみながら創造的で豊かな音楽表現に取り組むことを目指し制定されました。
\スペシャルコンテンツ/