音楽教室の耳寄り情報をお届け!教室だより
音楽教室の耳寄り情報をお届け!教室だより
メニュー
  1. ホーム
  2. 教室だより
  3. 音楽・子育て情報
  4. いま なんじ? 時計・時間の絵本

現役子育てママがおすすめ絵本をご紹介!

いま なんじ? 時計・時間の絵本

こんにちは! ぷっぷるコラムメンバーズのよこです。

みなさんは、何歳くらいから時計が読めるようになりましたか?
正確に習うのは小学生になってから……。それはわかっているけれど、子どもが時間を意識したり、少しでも時計が読めるようになってくれれば、「何時で終わりにしようねー」、「あと10分で出かけるよ!」など、子育てがちょっと楽になるような気がしますよね。

でも、授業のように「短い針が〇時で、長い針が〇分で…」なんて教え方から入っても難し過ぎる……まずは、時計や時間に興味を持つことが大切です。

そこで、おすすめなのが時計や時間をテーマにした絵本たち。今回は、自分で針を動かすことのできる本物みたいな時計がついた仕掛け絵本と、「とけいやま」で暮らす双子の兄弟が主人公のちょっと不思議な物語の2冊をご紹介します。ぜひ親子で楽しみながら、“時計”や“時間”に触れてみてくださいね。

「プータンいまなんじ?」 絵:ならさか ともこ/文:わだ よしおみ(JULA出版局)

<1~3歳のお子さんにおすすめ>

ちりりり ちりりりり……目覚まし時計が鳴りました。7時です。プータンは飛び起きます。「ぼく ひとりで はみがき できるよ。おばあちゃんに みせてあげるの。おばあちゃん はやく こないかな」大好きなおばあちゃんがやってくる日、プータンは待ちどおしくてたまりません。まだかな、まだかな……。

この作品は、かわいいこぶた「プータン」の仕掛け絵本シリーズの一冊。1984年発行の大ロングセラーなので、自分が小さい頃に読んでいたというパパ・ママもいるのではないでしょうか?

大人気の理由は、なんといっても、自分で針を動かすことのできる本物そっくりの時計!とても丈夫で簡単には壊れないので、子どもにも安心して触らせることができます。さらに、長針と短針がきちんと連動して動く(長針を回さないと短針が動かない作りになっている)のも高ポイント。子どもが大きくなってからも、時計のお勉強にしっかり活躍してくれます。

また、遠くに住んでいるおばあちゃんが大好きな息子たちにとって、“おばあちゃんが家に遊びに来てくれる”というストーリーは、親近感を覚える内容だったみたい。それに、おばあちゃんが来るのを時計を見ながら待ちわびるプータンの様子がとってもカワイイんです!パパやママに時間を教えてあげたり、ひとりで歯磨きや着替えをしたり、夕飯のお手伝いをしたり……。おばあちゃんに会える嬉しさで、いろいろ頑張るプータンの姿は、きっと子どもたちの良いお手本になってくれるはず。

本の中に「いま なんじ?」と繰り返し出てくるので、我が家では、物語を楽しみながら、自然と時計や時間を意識するようになりました。子どもがいちばん初めに時計に触れる本として、おすすめの1冊です。

「とけいやまのチックンタックン」 作・絵:竹中 マユミ(ひさかたチャイルド)

<4~6歳のお子さんにおすすめ>

「とけいやま」のふもとに住んでいる双子の兄弟チックンとタックン。今日は、朝6時に起きて仲間の動物たちを誘って、山に登ります。12時に頂上でお弁当を食べ、お腹いっぱいになったら、野原で遊んだり歌ったり。ところが、おやつのドーナツがカゴから落ちてコロコロコロ転がっちゃった! みんなは慌てて追いかけますが……。

朝の6時から夕方の6時まで、チックンとタックンの楽しい一日のお話です。7時に朝ご飯、8時に出発、9時にくまさんの家に到着……という風に1時間ごとに場面が変わるのですが、各場面の見開きには、その時間の数字が隠れています。我が家の子どもたちはページをめくるたびにその数字を探し、見つけては喜んでいました。また、「♪おやまをのぼるよ チックン タックン♪」の繰り返しのリズムも心地良く、歌のようにして読んでいくと、より一層楽しそうでした。

さて、転がっていったドーナツの行方を追って山をくだると、りすと、ふくろうのおかあさんが川辺にドーナツを集めておいてくれました。ちょうど3時、みんなでおやつをいただきます。そして、夕方5時には家に戻り、楽しい一日が終了。……と次は、また朝の6時。おや?と思って、ふたりが暮らす山をズームアウトすると……なんとその一日の出来事はぐるりと円を描き、時計になっているではありませんか!

絵本の最終ページは、ある部屋の風景。壁には、文字盤に「とけいやま」が描かれた時計が。すべては時計の中の出来事であったことが暗示され、読者を想像の世界へと誘います。初めて読んだ時は「そういうことだったのか~!」と思わず感心してしまいました。時計はまだきちんと読めない末っ子も、この時計になった山全体の様子はとても面白がり、時間に興味を持つきっかけになったと思います。読んだ後にほっと温かい気持ちにさせられる素敵な作品です。

ぷっぷるコラムメンバーズ・よこ(横山香織)

10歳・8歳・5歳のわんぱく3兄弟を育てるママライター。
親子の生活がちょっと豊かになるような、等身大の情報を発信していけたらと思っています。

JASRAC許諾
第6854640024Y38029号

JASRAC許諾
第6854640024Y38029号