メニュー
  1. ホーム
  2. 教室をさがす
  3. 大分県
  4. 大分市
  5. 富士見ケ丘センター
大分県大分市
富士見ケ丘センター
運営:有限会社 カネトウ楽器
富士見が丘センター
富士見が丘センター

富士見が丘のトキハインダストリー(グリーンプラザ)の2階に教室があります。真下に郵便局があり、駐車場の広く、交通の便が良い所です。富士見が丘団地はもとより、松が丘、賀来、田中町、遠くは由布市の挾間町や庄内町からもレッスンに通ってきています。

ジュニア総合コース
ジュニア総合コース

グループレッスンに加え、個人レッスンでも、レパートリーを継続的に扱っていくことで個人とグループの相乗効果による着実な演奏力の育成を図ります。

ヴァイオリン個人レッスン
ヴァイオリン個人レッスン

ヴァイオリンの個人レッスンを行っています。3歳から体験レッスンを受け付けていますので、お気軽にお問合わせ下さい。

幼児科
幼児科

幼児科2年目春組のお友だちです。先生が歌ったり弾いたりするメロディを聴き、真似して歌うことで正しい音程やリズム・テンポなどを覚えていきます。

幼児科
幼児科

幼児科のレッスンです。1人につき1台エレクトーンを使用してグループレッスンを行います。保護者同伴なので、お母様もいっしょに音楽を楽しんでいただけます。

ジュニア総合コース
ジュニア総合コース

ジュニア総合コース2年目のレッスンです。お友だちのピアノのレパートリー曲を聴いてお勉強をしています。保護者は同席しないので、生徒間で刺激し合い、自立心ややる気が育ち、力がついてきます。

住所
〒870-1173
大分県大分市富士見が丘西1-3-1
アクセス
最寄り駅
バス大分バスグリーンプラザ徒歩1分
駐車場
あり 共用 6台 
グリーンプラザ内共用駐車場あり
受付時間
10:00〜21:00(日・祝休み)
この教室へのお問い合わせ
この教室へのお問い合わせ

開設しているコースのご紹介

小学生からはじめるコース

※現時点での情報です。今後の開講予定については会場までお問い合わせ下さい。

募集しているコースのご紹介
体験・見学の日程をみる

3歳児 おんがくなかよしコース
もっと、もっとおんがくとなかよしになろうね

楽しく歌ったり、打楽器や鍵盤楽器などを使って表現力やリズム感を育みます。

対象

3歳(年少)
<2019年度クラス>
2015.4.2~2016.4.1生まれ
<2020年度クラス>
2016.4.2~2017.4.1生まれ

レッスン形態

グループレッスン
(1クラス8名程度)

レッスン回数

月 3回

レッスン時間

1回 50分

入会金(税抜)

1年コース5,000

レッスン料(税抜)

月額 5,000

施設費(税抜)

1年コース月額 500

教材費(税抜)

5~7月2,300

8~10月2,300

11~1月2,300

2~4月2,300

※このコースのレッスン料・教材費の詳細はこちら

※教材は3ヶ月毎、または半年毎にご購入いただきます。

お申込みはこちら
開講中
体験・見学
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
体験 見学 (グレー色):満員

※既に満員の場合、最低実施人数に満たない場合等、日時の変更をお願いする場合がございますので予めご了承ください。

体験・見学の流れ
1
コースの内容、対象年齢を確認しましょう
2
無料体験レッスン・レッスン見学にお申込みください
3
体験・見学で実際のレッスンや教室の雰囲気を確かめましょう
4
その場で入会もできます 不安なところは担当者にご質問を
よくいただくご質問
Q
おんがくなかよしコースは「リトミック教室」とは違うのでしょうか?
音やリズムに素早く反応したり、身体を動かす表現活動を行うリトミックに対して、将来の楽器演奏の基礎となる音楽的感性や音感の素地を養うために、歌ったり、弾いたり、音楽表現の体験を重ねるレッスンを行います。
Q
下の子どもを一緒に連れて行きます。ぐずったりした時にはどうすればいいのでしょうか?
泣いてしまった場合は、レッスン室の外に出て落ち着くのを待って下さい。その間、レッスン中のお子さまは講師が見ています。絵本やお絵かき帳などは持込み可としている場合もありますので、ご相談ください。
4・5歳児 幼児科
「きく」「うたう」「ひく」「よむ」で育つ、ドレミの芽

「聴く、歌う、弾く、読む」ことで豊かな音感と表現力を育みます

対象


4歳,5歳(年中,年長)
<2020年度クラス>2014.4.2~2016.4.1生まれ

期間


2年

レッスン形態

グループレッスン
(1クラス8名程度)

レッスン回数

年 40回

レッスン時間

1回 60分

開講月

5月

入会金(税抜)

5,000

レッスン料(税抜)

月額 6,500

施設費(税抜)

月額 500

教材費(税抜)

入会時7,600

半年後5,400

1年後5,400

1年半後5,400

※このコースのレッスン料・教材費の詳細はこちら

※教材は半年毎にご購入いただきます。

※「幼児科1年目」のレッスン料を、2018年5月より上記の金額に改定いたしました。

お申込みはこちら
体験・見学
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
体験 見学 (グレー色):満員

※既に満員の場合、最低実施人数に満たない場合等、日時の変更をお願いする場合がございますので予めご了承ください。

体験・見学の流れ
1
コースの内容、対象年齢を確認しましょう
2
無料体験レッスン・レッスン見学にお申込みください
3
体験・見学で実際のレッスンや教室の雰囲気を確かめましょう
4
その場で入会もできます 不安なところは担当者にご質問を
よくいただくご質問
Q
ヤマハ音楽教室と近所の個人ピアノ教室との違いはどこでしょうか?
一般的に個人ピアノ教室は演奏技術の習得を目的とするものですが、ヤマハの幼児科では「聴く」「歌う」「弾く」「読む」のレッスンをとおして、より音楽的に「弾く」ための演奏表現の基礎となる音感育成に重点を置いています。
Q
絶対音感を身につけさせたいのですが・・・
幼児科はドレミを聴き取れるだけでなく、テンポ、拍子、リズム、強弱、ハーモニーまで聴き分けられる耳の育成を目指しています。レッスンで行ったことを家庭で反復することで着実に音感を身に着けることができます。

よくいただくご質問
Q
入会する前に実際のレッスンの様子を知りたいのですが?
ヤマハ音楽教室では、各コースで体験レッスンや説明会を実施しています。実際のレッスンがどのように進められているのかを具体的に知ることができます。当ホームページにて参加申込みできます。
Q
親が音楽に詳しくないので、ついていけるか心配です。
主役はお子さまですから、ご心配いりません。指導内容について保護者の方に難しいことをお願いすることはありませんので、ご安心ください。
ヤマハ音楽教室のことがよくわかる
ヤマハメソッド why,yamaha