音楽教室の耳寄り情報をお届け!教室だより
音楽教室の耳寄り情報をお届け!教室だより
メニュー
  1. ホーム
  2. 教室だより
  3. エレクトーンガイド
  4. レジストレーション

エレクトーンガイド

レジストレーション

音色やリズムの組み合わせをレジストレーションと呼び、選んだ音色や決めた設定をエレクトーン本体に記憶させることができます。

レジストレーションメモリー

上鍵盤と下鍵盤の間に並んだ数字のついているボタンにレジストレーションを記憶させます。
あらかじめ数字ごとに音の設定を記憶させておいて、演奏の際にはそのボタンを押して記憶させたレジストレーションを呼び出します。
1曲を演奏する際に、曲の途中や場面ごとに音色を切り替えたい時には、このレジストレーションメモリーボタンを押します。

レジストレーションシフト

レジストレーションメモリーボタンは手で押すだけでなく、足で切り替える方法もあります。
エクスプレッションペダルの右端に切替スイッチ(フットスイッチ)が付いていて、音の設定を変えたい時にはこのフットスイッチを足の小指側で右に蹴ります。
数字の順番は自由に設定でき、例えば“1→2→1→3→4→3”といった切り替えも自由自在にできるので、きめ細かくレジストレーションを切り替えることができます。
その他、リズムに合わせて自動でレジストレーションを変えていく機能(レジストレーションシーケンス)もあります。

レジストレーションメニュー

ステージアのスタンダードモデルでは240パターン(カスタムモデル、プロフェッショナルモデルでは300パターン)のレジストレーションがあらかじめ楽器に内蔵されていて、その中から好みのレジストレーションを選ぶこともできます。
『サックスアンサンブル』『ディスコクイーン』『ゴスペル』など様々なジャンルに対応できるレジストレーションがあり、それぞれの鍵盤の音色や音量のバランス、リズムパターンも最初からでき上がっているので、ボタン一つですぐにその音楽の世界を楽しむことができます。
さらに、このレジストレーションメニューを元に、自分なりのレジストレーションを作ることもできます。

ミュージックディスクレコーダー(MDR)

USBフラッシュメモリーなどの外部記憶メディアに、作成したレジストレーションの情報を保存/再生したり、演奏を録音/再生することができます。
メディアを持ち運べば、他のエレクトーンで弾く際にもすぐに自分のレジストレーションを呼び出すことができます。

自分で録音した演奏は再生の際にディスプレイに譜面を表示することもできます。